ジグソーを比較

ジグソーについて

簡単に言うと、木材を曲線に切ることもできる糸ノコの電動バージョン。

丸ノコのように正確にまっすぐ切断するのは難しいが、ある程度の日曜大工ならこれで直線から曲線まで切ることができて便利。
刃を交換することで金属を切断することもできます。丸ノコに比べて安全で手に入れやすい値段なのも魅力。電源コードのない充電式もあります。

youtubeで道具の使い方を解説している動画があったので見てみると分かり易いと思います。

オービタル機能とは

通常、刃は上下に動いて材料を切断しますが、オービタル機能をオンにすれば刃が上下+前後に動いて、通常より早く材料を切断することが出来ます。
ただし、切断面は通常に比べ粗くなるため、精度を求める作業の場合は、オービタル機能をオフにした方が良いです。

変則機能について

刃の上下運動のスピードを調整できる機能です。
細かいカーブを切るときなどにゆっくりにすると精度が上がります。

性能表

メーカー型番実売価格切断能力
木材
切断能力
軟鋼板
ノコ刃傾斜消費電力オービタル変速充電式
リョービ MJ-50 5,000円前後 50mm 3mm 左右45° 240W × × ×
マキタ M421 9,000円前後 65mm 6mm 左右45° 450W ×
リョービ J-6500VDL 10,000円前後 65mm 6mm 左右45° 400W ×
マキタ 4329 11,000円前後 65mm 6mm 左右45° 450W ×
マキタ JV0600K 12,000円前後 90mm 10mm 左右45° 650W ×
日立工機 CJ90VST 15,000円前後 90mm 8mm 左右45° 700W ×
マキタ JV100DW 17,000円前後 65mm 2mm 左右45° 1.3Ah
マキタ 4350FCT 30,000円前後 135mm 10mm 左右45° 720W ×
マキタ JV180DRF 45,000円前後 135mm 10mm 左右45° 3.0Ah

同じ性能でも充電式のものは値段が倍近くするようです。安いものは5000円以下でありますが、切断できる厚みが50mmという点に注意。

日曜大工におすすめのジグソー

マキタ JV0600K
■12,000円前後の値段で90mmまでの切断能力がある「マキタ JV0600K」がお徳感があります。
オービタル機能、変速機能つきで日曜大工で大活躍。

©copyright tukurist.com. all rights reserved.