スライド丸ノコを比較

スライド丸ノコについて

ひとことで言うと、木材をまっすぐ楽に綺麗に切ることができる道具。

普通の丸ノコの場合、素人が使うと硬い材料の部分で丸ノコが跳ねたりして危険を伴うこともありますが、スライド丸ノコは土台に固定されているいるので比較的安全に使うことができます。

デメリットは、丸ノコが固定されているので、決まった最大幅までしか切断することができないのと、値段が高めです。

youtubeで道具の使い方を解説している動画があったので見てみると分かり易いと思います。

チップソーとは

丸ノコの刃の部分。
鉄のボディへ超硬チップをロウ付けして刃を付けた鋸。
耐久性が有り、再研磨も可能です。
アルミなど金属を切れるチップソーもあります。

レーザーガイドとは

材料にレーザーラインが照射されるため、目測より切断する場所がずれにくくなります。 素人でも0.5ミリの精度で切断できるようになります。

回転速度について

早ければよいという訳ではなく、鉄などを切る場合、回転速度がゆっくりである必要があります。

性能表

ホームセンターなどでは1~3万くらいの無名のメーカーのものも売っていますが、サポートや修理のことを考えると国内メーカーのものが良いと思います。 選ぶ際は、最低でも38mmの厚さ(2×4材)と 300mm程度の幅まで切断できるものが欲しいところです。

メーカー型番実売価格ノコ刃径切断能力 mmノコ刃傾斜消費電力回転数レーザーガイド
マキタ M244 39,000円前後 190mm 50×312 左45°
右5°
1,050W 6,000/分 ×
日立工機 C8FSE 55,000円前後 216mm 65×312 左45°
右5°
1,050W 5,500/分 ×
マキタ LS0611FL 58,000円前後 165mm 40×215 左45°
右5°
1,050W 4,200/分
マキタ LS0612FL 68,000円前後 165mm 46×312 左45°
右45°
1,050W 4,200/分
マキタ LS0717FL 70,000円前後 190mm 62×312 左45°
右45°
1,050W 4,000/分
日立工機 C6RSHC 80,000円前後 165mm 46×312 左45°
右45°
1,050W 4,200/分
日立工機 C7RSHC 80,000円前後 190mm 61×312 左45°
右45°
1,050W 4,000/分
日立工機 C12RSHC 100,000円前後 305mm 107×312 左45°
右45°
1,400W 3,200/分

レーザーガイドが有るのと無いので値段が分かれます。
レーザーガイドが有って安いタイプのものは切断能力の点で随分劣っています。 基本的に切断能力は値段に比例していて、レーザーガイドと切断能力の両方を求めるとそれなりの値段です。

日曜大工におすすめのスライド丸ノコ

マキタ LS0717FL
■70,000円前後出せるのであれば、レーザーガイド付きで切断能力も十分な、マキタ LS0717FL です。

マキタ スライドマルノコ M244

マキタ スライドマルノコ M244
■39,000円前後の、マキタ M244 はレーザーガイドこそないものの日曜大工では十分な切断能力です。

©copyright tukurist.com. all rights reserved.